[RELEASE]次世代ソフトウエアルータ「Vyatta」の日本ユーザー会を設立

2010年6月1日

報道関係各位

日本Vyattaユーザー会

次世代ソフトウエアルータ「Vyatta」の日本ユーザー会を設立

Vyattaは、オープンソースソフトウエアで構成されたソフトウエアルータ(*1)である「Quagga」をベースとして、中規模程度のネットワークやクラウドネットワーク向けに開発された、今までにないルータです。

Vyattaは、コンピュータ上に配布されるパッケージをインストールするだけで、そのコンピュータをルータとしてすぐに使えるように設計されており、導入が簡単なだけでなく、クラウド環境にも適用可能です。また、ハードウエアを自社の環境に合わせて購入することが可能であるため、通常のハードウエアで販売されているルータに比較して経済的です。

一方、ソフトウエアルータの場合、性能的な面が問題しされることが多くありますが、近年のハードウエアの高速化により、中規模程度までのネットワークであれば、問題ない性能を発揮しています。

日本Vyattaユーザー会では、このような次世代のルータを効率よく使用し、実用ネットワーク上で有効活用するための、技術情報の交換やVyattaを活用した新しい機能の提供、その他Vyattaを活用したネットワーク構築・運用に関するさまざまな情報交換の場として設立されました。

日本Vyattaユーザー会では、今後日本におけるVyatta利用者に声をかけ、夏以降に第一回目のユーザーミーティングを開催する予定です。

日本Vyattaユーザー会は、配布元の米国Vyatta社も注目しており、同社CEOのKelly Herrell氏からもコメントをいただいていますので、下記に添付させていただきます。

  • Kelly Herrell氏から日本のコミュニティに向けたコメント

"Vyatta is a global movement with a quarter of a million community members, so we are very pleased to see the local focus of the Japan Vyatta User Group," said Kelly Herrell, Vyatta CEO."There are large and exciting business opportunities that Vyatta networking software can unlock across Japan, and this User Group is an excellent initiative to help our Japanese community of users come together."

  • (日本語訳)

Vyattaは世界中で25万人ものコミュニティメンバーが活動するグローバルなムーブメントであり、我々は日本においてユーザー会が設立された事を非常に嬉しく思っています。Vyattaネットワーキング・ソフトウェアが切り開くことの可能な、非常に大きく、心躍らせるビジネスチャンスが日本中に存在しており、日本Vyattaユーザー会は、日本のユーザーが集い協力しあう事を推進する
 すばらしい取り組みとなるでしょう。

 

下記に、日本Vyattaユーザー会の概要についてお知らせします。

  • 名称:

日本Vyattaユーザー会
(Japan Vyatta Users Group)

  • 設立ボードメンバー

浅間 正和
石本 勝一
海老澤 健太郎
近藤 邦昭
谷津 航
松本 直人 (敬称略、五十音順)

  • ホームページ

http://www.vyatta-users.jp/

  • 問い合わせ

取材等: question@vyatta-users.jp
その他: Vyattaの技術情報交換メーリングリストがあります。

ホームページよりご確認ください。

  • 事務局

株式会社まほろば工房
(http://www.ate-mahoroba.jp/)

以上